ー 「 企画展延期日程のお知らせ 」 ー

×2018/7/14(土) - 7/22(日) → ○2018/10/13(土) - 10/21(日)


山本亮平 × 浜野まゆみ  「折り重なる歴史の中から」〜発展と継承〜

2018/7/14(土) - 7/22(日)の期間中 山本亮平 × 浜野まゆみ

「折り重なる歴史の中から」の企画展を予定しておりましたが

作家様より急な体調不良のご連絡があり,已むなく展示会の延期を決定致しました。


直前になっての予定変更で突然にこのようなお知らせをさせて頂きますこと、

誠に申し訳なくお詫び申し上げます。
以前よりYDSでの二人展を楽しみにされていましたお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、

何卒ご理解頂きますようよろしく御願い致します。


延期させて頂きます日程は、2018年10月13日~10月21日となります。
突然のことでご連絡が行き届きませぬ折はご容赦下さいますようお願い申し上げます。


SHOP & GALLERY YDS 店主
​ 

 

 

 

山本亮平 × 浜野まゆみ

「 折り重なる歴史の中から 」 2018/7.14 - 7.22
OPEN 11:00〜18:00 

◆ 場  所   : ショップ&ギャラリー YDS  作家在廊日 7.14
◆ お問合せ先 :  075-211-1664

※展示期間中は休まず営業します。 

 

==========================================================================


< 発 展 と 継 承 >  


原料の陶石と砂岩、

幾つもの古窯に囲まれた環境の中に身を置く二人にとって

焼ものを原材料から作り、途絶えてしまった技術を紐解いていくことは

自然の道のりだったのかもしれません。

 

   江戸時代初期

唐津焼から有田焼へと転換期を迎えた新興産地が

どのような技術革新をおこない日本初の磁器誕生へ導いて行ったのか

陶芸家の山本亮平さんが生み出す器は

陶石や砂岩など原材料の見直しや

先人の足跡を辿ることでその経緯を明確に捉え出しています。

近年作品から受ける印象がシンプルで

更に奥深いイメージを受ける理由がそこにあるのです。

そして一途に歩み続ける足取りと

目に見えない感覚を着実に積重ねる姿勢は

器づくりの核心に迫って行くことの出来る数少ない作り手の中の一人だと私は考えます。

 

そして江戸時代初期の古伊万里に魅せられて

途絶えてしまった糸切成形という技法を紐解きながら、その技術と自らのスタイルを

確立しつつ在るのが浜野まゆみさんです。

学生時代に卒業制作のテーマとして取上げて以来、

本格的な取組みを続け

その技法を自らのモノにして来た道のりは、好きのひと言では

片付けられない失敗と苦労の連続があったと考えられます。

近年の磁器制作において常識であった

成形方法・材料では再現することが叶わなかった古伊万里。

その大らかで多様な姿と美しさを

弛まぬ努力と経験でカタチにしてきた彼女の功績は、

これから先出てくるであろう

次ぎなる有田焼を目指す若き陶芸家の

心強い指針となるに違いありません。

 

最後になりましたがお二人が移り住む佐賀県の唐津・有田には、

未来に繋がる新しい才能が育って行く土壌が在ることを実感しています。

その素晴しい素地を作ってくださった諸先輩方への感謝と共に、

まず最初にこのお二人の作家さんを私たちのギャラリーでご紹介で出来ることを大変嬉しく思います。

 

 SHOP & GALLERY YDS 店主 ​

 

 

            ===============================================================================

 

 

 

 

 

 【 略 歴 】

山本 亮平 ( やまもと りょうへい  /  Ryohei YAMAMOTO )

1972年 東京生まれ

1998年 多摩美術大学油絵科卒

2000年 佐賀県立有田窯業大学校短期終了

2007年 有田にて開窯

 

 

 

 

 【 略 歴 】

浜野 まゆみ ( はまの まゆみ /  Mayumi HAMAMO )

1974年 埼玉県川越市生まれ ​ 

1998年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業

2000年 佐賀県立有田窯業大学校卒業

 ​ 2001年 川越にて開窯

2013年 より有田、唐津にて制作
​ 

 

           ================================================================================= 


ショップ&ギャラリーワイディーエス
〒604-0013 京都市中京区新町二条上ル二条新町717
☎ 075-211-1664 

e-mail:yds-@takahashitoku.com
 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

2018年00月00日(土) ~00月00日(日) 【陶】山本亮平×【陶】浜野まゆみ  延期いたします

2018年9月15日(土) ~9月23日(日) 【鉄】大山求×【硝】西山芳弘  

2018年11月17日(土)~11月25日(日)【陶】鶴野啓司  

 

 

< 2019年 企 画 展 >

2019年2月00日(土) ~2月00日(日) 【陶】尾形アツシ×【花】みたて  

2019年3月00日(土) ~3月00日(日) 【陶】清水志郎  

2019年4月13日(土) ~4月21日(日) 【漆】鎌田克慈  

2019年5月11日(土) ~5月19日(日) 【陶】堀仁憲  

2019年6月22日(土) ~6月30日(日) 【陶】升たか  

2019年7月00日(土) ~7月00日(日) 【陶】二階堂明弘  

2019年9月14日(土) ~9月22日(日) 【陶】光藤佐  

2019年10月12日(土) ~10月20日(日) 【木漆】 

2019年11月9日(土) ~11月17日(日) 【陶】志村睦彦×【陶】宮岡麻衣子  

2019年12月7日(土) ~12月15日(日) 【漆】杉田明彦  

 

 

   

2018年6月9日(土) ~6月17日(日) 【彫】沢田英男  

2018年5月19日(土) ~5月27日(日) 【植】Re:planter  

2018年4月21日(土) ~4月29日(日) 【陶】山極千真沙   時無草 YDS 3F

2018年3月17日(土) ~3月25日(日) 【陶】清水志郎  

2017年12月2日(土) ~12月10日(日)【菓子】郷土菓子研究社と31人の作家の器

2017年11月11日(土) ~11月19日(日) 【陶】安齊賢太  

2017年10月14日(土) ~10月22日(日) 【陶】小嶋亜創  

2017年9月16日(土) ~9月24日(日) 【陶】光藤佐 

2017年7月7日(金) ~7月16日(日) 【陶】二階堂明弘 

2017年6月10日(土) ~6月18日(日) 【陶】鶴野啓司 

2017年4月1日(土) ~4月9日(日) 【陶】横山拓也 「その白き世界に」

2017年3月4日(土) ~3月12日(日) 【陶】清水志郎 「個展」 

2017年2月4日(土) ~2月12日(日) 【漆】鎌田克慈 「美の輪廓」 

2016年9月10日(土) ~9月18日(日) 【陶】加地学×竹下鹿丸×野口悦士 三人展

2016年7月30日(土) ~8月7日(日) 【硝子】西山芳弘×【鉄】大山求 & 【紙】ハタノワタル

2016年7月2日(土) ~7月10日(日) 【陶】尾形アツシ×【花】みたて 二人展

2016年5月14日(土) ~5月22日(日) 【陶】原田譲

2016年4月9日(土) ~4月17日(日) 【漆】杉田明彦

2016年3月5日(土) ~3月13日(日)  【陶】清水 志郎

2015年12月6日(日) ~12月12日(土) 【陶】清水 志郎 ×【植】Replanter

2015年11月14日(土) ~11月22日(日) 【陶】山本 順子 ×【硝子】十川 賀菜子

2015年10月10日(土) ~10月18日(日) 【陶】堀 仁憲

2015年9月12日(土) ~ 9月21日(祝・月) 【陶】光藤 佐 ~仄かなる残光~ 

2015年7月10日(金) ~ 7月19日(日) 【陶】二階堂 明弘 ~はじまりの場所から~

2015年6月13日(土) ~ 6月21日(日) 茶人 珮如(ペルー) ~台湾茶と道具展~

2015年4月18日(土) ~ 4月26日(日) 【陶】小嶋 亜創

2015年2月21日(土) ~ 3月1日(日) 【硝子】艸田 正樹 ×【漆】鎌田 克慈