7月YDSの企画展はお二人の作家さんの個展同時開催となります

 

  升 たか 展 文様の旅  ~ 輝く目の先に ~ 

 

二階堂 明弘      ~  光  と  陰  ~ 


2019年7月13日(土) - 7月21日(日)  

会期中無休 11:00〜18:00
作家在廊日: 7/13 ・14

 

 

SHOP&GALLERY YDS

◆ 場  所   : 604-0013 京都市中京区新町通二条上ル二条新町717 
◆ お問合せ先 :  075-211-1664

 

最新情報はこちらをご覧下さい:Instagram

 

 

 

========================================================================== 

 

 

 

        

クリックで+

 

    

       

クリックで+

 

升たか 展  「 文様の旅 」 〜輝く目の先に〜
2019年7月13日(土) - 7月21日(日) 
会期中無休 11:00 ~18:00 最終日は17:00迄 
作家在廊日:7/13・14 

 

ちょうど5年前、私たちの企画したグループ展に 
参加して下さったのが升たかさんとのお仕事の始まりでした。 
今から思えばその時に私の家業である 
友禅染の仕事に強い関心を持って下さったのには理由がありました。 
  
升さんの出身は長崎県佐世保市 
イラストレーターとして大阪・東京で活躍し 
学びを求めてアメリカに渡ったこともありますが 
僅かな期間京都で着物のデザインに携わるお仕事を 
されていた事があったのです。 
  
その後さまざまな経験を積み重ねながら 
50代には作家として陶芸家の道を選びます。 
日本人が独自に磨き上げてきた器という完成されたカタチに 
異国の文様を落とし込んでいく挑戦は 
升さんだからこそ成し得た新しい表現の世界でした。 
  
これまで升さんが意図して避けてきた和の文様 
  
「いやぁ~自分でやってみたいと言ったんだけね…」 
と電話越しに和の文様の話をする 
升さんの目は、きっとキラキラと少年のように輝いていたはずです。 
  
 SHOP&GALLERY YDS店主 

 

 

升 たか  経歴と絵と焼物の仕事 

 

1946年長崎県佐世保市生まれ。 
幼少期や中学・高校時代は近所で有名な お絵描き少年。

 
1967年からは寝床を探して偶然はいった 
新宿のアートシアターで寺山修司に声を掛けられ 劇団・天井桟敷に入団。

 
実家の九州に戻った時期もあったが、その後 
大阪や東京でイラストレーターとして その才能を発揮する。

 
1997年50歳を前に自己表現出来る 
仕事を求めて陶芸をスタートし現在に至る。 
 

 

 

    

クリックで+

 

    

クリックで+

 

 二階堂明弘   「 光と陰 」
2019年7月13日(土) - 7月21日(日) 
会期中無休 11:00 ~18:00 最終日は17:00迄 
作家在廊日:7/13・14

 

 

二階堂明弘さんとの出会いは忘れもしない12月24日。初めて茨城県笠間市に
出掛けて行った時のことです。風通しが良いといえば聞こえがいいですが、室内で
暖をとるために沢山の炭をいこしても全く問題のない掘っ立て小屋のような建物に
ダンボールを敷き詰め、そこを寝床にしながら挑んだ共同窯焚きに私が初めて
参加した時のことでした。
 
当時知ってる陶芸家さんといえば、片手で数えるほどしか知らなかった私にとって
10名もの作家さんが協力し合い、薪窯を焚く姿はとても刺激的で、緊張と感動が
打ち寄せる波のようにやって来たことを今もはっきりと覚えています。
 
それから10年近くが経ち新しい元号の時代を迎えました。思い返せばあの時から
二階堂さんにとっての節目にはいつも私たちが傍にいるように感じています。
長年暮らしてきた栃木県益子町から千葉袖ヶ浦市へ引越しの際も、そしてこの初夏に
静岡県の伊豆に引っ越した時も、直後の展示会がここYDSです。
 
今回送られてきた作品には、これまで積みかさねてきた想いをひとつひとつ丁寧に
刻み込むかの様に美しい刻印が飾られています。僅かな一歩がいずれの日か大きな
流れを作ってくれることを信じ己の道を突き進む二階堂さん。その光に満ちた
新たなスタートの日をまたこの京都の地で迎えられることを大変嬉しく思います。

 

 

SHOP & GALLERY YDS店主

 

 


 

 

 

 

   

 

< 2019年 企 画 展 >

2019年7月13日(土) ~7月21日(日) 【陶】 二階堂明弘  

2019年7月13日(土) ~7月21日(日) 【陶】 升たか ( YDS-3F )

2019年9月14日(土) ~9月22日(日) 【陶】 光藤佐  

2019年9月14日(土) ~9月22日(日) 【木】 戸田直美 Potitek ( 時無草 YDS-3F )  

2019年10月12日(土) ~10月20日(日) 【木漆】 太田修嗣

2019年10月00日(土) ~00月00日(日) 【陶】 山極千真沙 ( 時無草 YDS-3F ) 

2019年11月9日(土) ~11月17日(日) 【陶】 志村睦彦×【陶】宮岡麻衣子  

2019年11月9日(土) ~11月17日(日) 【硝子】 森谷和輝  ( 時無草 YDS-3F ) 

2019年12月7日(土) ~12月15日(日) 【漆】 杉田明彦  

 

 

< 2020年 企 画 展 >

2020年00月00日(土)~00月00日(日)【 】

 

   

2019年6月22日(土) ~6月30日(日) 【陶】 友田多紀  ( 時無草 YDS-3F )

2019年5月11日(土) ~5月19日(日) 【陶】 大島奈王 ( 時無草 YDS-3F )

2019年4月20日(土) ~4月28日(日) 【漆】 鎌田克慈  

2019年3月23日(土) ~3月31日(日) 【陶】 清水志郎  

2019年2月23日(土) ~3月3日(日) 【陶】 尾形アツシ×【花】みたて  

2018年12月1日(土) ~12月9日(日)【陶】 浅井睦子 時無草 YDS 3F

2018年11月17日(土) ~11月25日(日)【陶】 鶴野啓司  

2018年10月13日(土) ~10月21日(日) 【陶】 山本亮平×【陶】 浜野まゆみ  

2018年9月15日(土) ~9月23日(日) 【鉄】 大山求×【硝】 西山芳弘  

2018年6月9日(土) ~6月17日(日) 【彫】 沢田英男  

2018年5月19日(土) ~5月27日(日) 【植】 Re:planter  

2018年4月21日(土) ~4月29日(日) 【陶】 山極千真沙   時無草 YDS 3F

2018年3月17日(土) ~3月25日(日) 【陶】 清水志郎  

2017年12月2日(土) ~12月10日(日)【菓子】 郷土菓子研究社と31人の作家の器

2017年11月11日(土) ~11月19日(日) 【陶】 安齊賢太  

2017年10月14日(土) ~10月22日(日) 【陶】 小嶋亜創  

2017年9月16日(土) ~9月24日(日) 【陶】 光藤佐 

2017年7月7日(金) ~7月16日(日) 【陶】 二階堂明弘 

2017年6月10日(土) ~6月18日(日) 【陶】 鶴野啓司 

2017年4月1日(土) ~4月9日(日) 【陶】 横山拓也 「その白き世界に」

2017年3月4日(土) ~3月12日(日) 【陶】 清水志郎 「個展」 

2017年2月4日(土) ~2月12日(日) 【漆】 鎌田克慈 「美の輪廓」 

2016年9月10日(土) ~9月18日(日) 【陶】 加地学×竹下鹿丸×野口悦士 三人展

2016年7月30日(土) ~8月7日(日) 【硝子】 西山芳弘×【鉄】 大山求 & 【紙】 ハタノワタル

2016年7月2日(土) ~7月10日(日) 【陶】 尾形アツシ×【花】 みたて 二人展

2016年5月14日(土) ~5月22日(日) 【陶】 原田譲

2016年4月9日(土) ~4月17日(日) 【漆】 杉田明彦

2016年3月5日(土) ~3月13日(日)  【陶】 清水 志郎

2015年12月6日(日) ~12月12日(土) 【陶】 清水 志郎 ×【植】 Replanter

2015年11月14日(土) ~11月22日(日) 【陶】 山本 順子 ×【硝子】 十川 賀菜子

2015年10月10日(土) ~10月18日(日) 【陶】 堀 仁憲

2015年9月12日(土) ~ 9月21日(祝・月) 【陶】 光藤 佐 ~仄かなる残光~ 

2015年7月10日(金) ~ 7月19日(日) 【陶】 二階堂 明弘 ~はじまりの場所から~

2015年6月13日(土) ~ 6月21日(日) 茶人 珮如(ペルー) ~台湾茶と道具展~

2015年4月18日(土) ~ 4月26日(日) 【陶】 小嶋 亜創

2015年2月21日(土) ~ 3月1日(日) 【硝子】 艸田 正樹 ×【漆】 鎌田 克慈

 

 

 

 

 

 ショップ&ギャラリーワイディーエス
〒604-0013 京都市中京区新町二条上ル二条新町717
☎ 075-211-1664 

e-mail:yds-@takahashitoku.com